お知らせ&コラム

2017.11.18 身体のこと

身体から湧いてくる

佐々木正美先生の本について熱く語りすぎて、ごあいさつがおそくなりました・・・

このサイトを訪れていただいてありがとうございます。

子育てって、本当に責任重大だなあと思います。そしてその責任は、多くの家庭でお母さんの両肩にずっしりと乗っています。高校生から幼児まで四人の子どもを持つ私も、その重さに時にはつぶされそうになっている一人です。

でも心にゆとりがあるとき、その「ずっしり」が心地良い重さとなり、子どもとの暮らしが楽しい、かけがえのないもののように感じられます。

心のゆとりはどこから来るのか・・・家族や周囲の支えを感じる時だったり、一人の時間を持つことだったり、いろいろありますが「身体から湧いてくる」ってことありませんか。元気な身体が、心にゆとりをもたせてくれる。逆に言うと「どうしてうまくいかないの?」というときには、悩みを深追いせずに、身体をほぐしてみる。すると「なんだ、こんなことだったか」と意外なほど近くに答えが見つかったりもします。

子育て中のお母さんはみんな、尊い仕事をうけおっている仲間だと思っています。

お母さんたちの笑顔が子どものしあわせをよび、しあわせな子どもの姿がお母さんの笑顔をよぶ。そんなしあわせのやりとりが、どの家庭にももたらされるよう、ささやかなお手伝いをするのが訪問ケアマッサージははごころです。